マネジメントゲームMG®(MG研修)

起業しなくても、社長にならなくても、 100年分の経営経験を積むことができるとしたら?100年でもそれ以上でも、経営経験を疑似体験できる研修 それが、40年前に開発され80万人以上が受講しているMG研修です。

マネジメントゲームMG®(MG研修)とは

MG研修の風景

ソニーとCDIが1976年(昭和51年)に開発したビジネスゲーム(経営シュミレーション)タイプの大変ユニークな社員研修プログラムです。今日まで延べ 4,000社、80万人が受講しています。

5〜6名の参加者がそれぞれ経営者となり、経営戦略の立案と実行、決算(BS、PLの作成)、経営分析、次期の経営戦略の立案と実行のサイクルを短時間で繰り返し、経営者/事業責任者に求められる情報収集・分析力、そして判断力・判断スピードを体感することができます。

※マネジメントゲームMGの著作権をはじめとする一切の知的財産権はマネジメント・カレッジ株式会社が保有します。
※弊社株式会社ウインサービスは、マネジメント・カレッジ株式会社許諾の元、マネジメントゲーム(MG研修)の実施・運営を行っている株式会社ライトアップと共に活動をしております。

リアルには体験できない失敗をゲームで体験し経験値を積む

純資産額表

どんな偉大な経営者でも、失敗を繰り返しながら経験値を積み、経営スキルを身に付けていくものです。MG研修では、自分自身が経営者になって、経営の疑似体験をしていきます。

ですから、何回倒産させたって実害はありません。どんどん倒産させて、赤字を出して、そこから学んでいくことが出来るのです。意識が高い受講生なら、様々なケースを想定し経営の練習が可能です。しかも、相手がいてゲームを勝ち抜いていきますので、その過程で、決して座学だけでは経験できない、気付けない「経営のコツ」を身に付けていくことができます。

バランスシート、キャッシュフローなど仕事の体験としてどれだけ考えて、使いこなしている人がいるでしょうか?

  • 技術部門で技術ばかりやっていた。
  • 営業部門で営業ばかりやっていた。

そういう人こそ、ぜひ身体で体験してほしい研修です。

MG研修 3つの特徴

40年の歴史があるゲーム型の経営・マネジメント体験研修です。 延べ 4,000社、80万人が受講されている、知る人ぞ知る研修です。

1.経営経験の蓄積

会議の風景

参加者がそれぞれ経営者の立場になり、経営戦略の立案と実行を行ないます。

2.ボードゲーム研修

マネジメントゲーム研修使用ボード

ゲーム版を使って、自らが顧客の集客、宣伝広告、人材教育等の会社経営を体験します。

3.40年の歴史

行き交う人々と歴史

1976年にソニーが開発した実践型の教育プログラムです。

【問題】営業利益が一番増える対策は、次のうちどれでしょう?

固定費/変動費10%off 平均単価/売上個数10%up

マネジメント層なら、即答できてほしい経営判断ですが、いかがですか?

MG研修をやっていると、こうしたケースについて、瞬間的に判断できる経験値とコツを体得できるようになります。 たったこれだけの判断でも、売上・利益が変わってきます。 こうした細かい判断を繰り返していくことで、そこに大きな差が生まれてしまいます。

活用事例

働く女性

A社

経営シュミレーションができるゲームをいうことで、実際の経営よりも短時間で自分の経営傾向を把握できるのが魅力だと思いました。短時間でPDCAサイクルを回しながら、何度も経営シュミレーションができるのは素晴らしい。

ゲームの進行や結果が、想像以上に日頃の経営傾向が反映されていて驚きました。

若手ビジネスマン

B社

今回始めて3期分体験させていただきましたが、色々な気づきがありました。

固定費を抑えても販売が思うように伸びない、価格破壊と思えた価格でも意外と利益が出る……  など、リアルな体験に非常に近かった。

管理職

C社

ゲームを通じて自分自身の経営の考え方や枠が広がりました。実際に失敗をしないと理解できないことが、MG研修を受けることで疑似体験できました。

経営やマネジメントの本を何十冊も読むよりも、1回のゲームのほうが成長できると実感しています。

MG研修は大企業だけでなく、中小企業の経営にも、もちろん活かせます。しかし研修費用が高く、これまで研修予算を豊富に持っている大企業しか活用できなかった、というのが実情です。

非常にもったいない…と思います。むしろ、赤字の割合の多い中小企業こそ、経営スキルを身につけるべきです。

我々WINLabは、助成金を活用し、中小企業がこのMG研修を無料で受講できる方法をご案内しています。

ここまでお読みになっていただき、ありがとうございます。
「MG研修についてもっと知りたい」という方のために資料をお送りいたしております。

資料請求は下記フォームからお申込みください。

お名前必須
メールアドレス必須
会社名必須
役職必須

上記の内容でよろしければ送信ボタンをクリックしてください。 確認画面はありません(ボタンを押すと直ちに送信します)