経営マインドを養うことができる

経営マインドとは、リーダーシップやコミュニケーション能力だけでは成立するわけではなく、セールスとコスト意識のバランス、営業指数と財務計数のメカニズムなど、知っておかなければならない知識や意識しなければいけない数字が多くあります。

これを実際の業務で学ぼうとすると、膨大な時間がかかりますし、何よりも失敗が許されません。そういった経験をゲームを通して効率よく経験できることがマネジメントゲームMG研修の醍醐味です。

MG研修では1日で4期の経営を行って頂きます。当然ですが、研修内だけで会社経営ができるようになるということはありません。MG研修の具体的な内容や流れを教えてください。の回答と重なる部分もありますが、MG研修では、「利益を上げるためにどうすれば良いか?」を真剣に考えて頂きます。

その考えたことを、まずは実際にゲームでやってみる。そして、どういうゲームをやった結果、数字がどういう動きをしたのか?という   「ヒント」  や  「気付き」  を得て実務への置き換えを行って頂きたいのです。

「あのチップの動きとその結果は、自分の仕事のこういう部分にあてはまらないか?」 という具合に、実践をし、成果を出してはじめて研修の意味があります。研修を受けて終わりではなく、現場に持ち帰って振り返りを行い、組織に浸透させるということを繰り返して成果を上げることで、経営マインドが培われていきます。

また、このMG研修は、  「1回受講して全てを学べる」  というものではなく、10回、20回、100回と繰り返して、また新たな学びが増えるという性質の研修です。より経営力を高めていくためには、何度も受講して気づきと実践の数を増やし、経営マインドを培っていくということが大切です。