講師が巡回しておりますのでご安心ください

質問をする研修受講生

受講生の9割の方がつまづいてしまう箇所が、決算書類の作成になります。インストラクターは、受講生の皆様が決算を作成している間に常に巡回しております。分からない、理解できないということがあれば、遠慮なく質問してください。

「行入」という研修スタイルを取っております。

「行入」  というのは、  「まずはやってみる。やってみて分からない所は確かめてみる。確かめられたら次に進む。」  というように、  「体験を先に、理論は後から」  という形で進める研修方法です。分からない、理解できない箇所があれば、必ず質問をすることで解決をしてください。

また、MG研修は、  「相互研修」  でもあります。

同じ受講生が、ルールを間違ってしまったら一言注意をしたり、理解をしていなかったら教え合ったりというスタイルも取っております。理解をしたい、有意義な研修にしたいという想いがあれば、  「ついていけなくなる。」  ということはありません。

質問をすることでもっと有意義な研修になる

  • 「大勢の前で質問するのは恥ずかしい」
  • 「自分だけわかってないみたいで嫌だな」
  • 「こんな質問、レベルが低すぎてあきれられるかな」

など、講師や周りの受講生の目が気になって質問ができないという場合もあるかもしれません。ですが、初めからスムーズにできる人なんてほとんどいませんし、なによりも   ”できるようになる”   ためにこういった研修があります。

”疑問は質問”   ”曖昧は確認”   というように、わからないとこやあやふやなことはどんどん質問してください。また、そうやって質問が出ることによって、他の受講者の方の理解も深まりますし、場合によっては一層深い研修になることもあります。臆せずに質問をしていただき、受講生のみなさんと一緒に   「充実した研修」   作っていきたいと考えております。