40年以上の歴史をもつMG研修

マネジメントゲーム研修(以下、MG研修)は、40年前にソニーとCDIが1976年(昭和51年)に開発したビジネスゲーム(経営シュミレーション)タイプの経営者育成研修で、これまでに延べ80万人以上が受講しています。経営層から管理職、若手・中堅社員の方々を対象とした実践的な「経営者・管理職育成研修」です。

「世界に羽ばたくためには、エンジニアも経営マネジメントを身に付けておく必要がある。」と言って、短期間で、かつ面白く体得させる為に考え抜かれた社内向けの研修がルーツとなります。

※マネジメントゲームMGの著作権をはじめとする一切の知的財産権はマネジメント・カレッジ株式会社が保有します。
※弊社株式会社ウインサービスは、マネジメント・カレッジ株式会社許諾の元、マネジメントゲーム(MG研修)の実施・運営を行っている株式会社ライトアップと共に活動をしております。

(※正規ライセンスを持たない模倣版も出回っておりますので、くれぐれもご注意ください。)

MG研修の特徴

このMG研修の最大の特徴は、「ゲームを通じて、楽しく経営の疑似体験ができる。」ことにあります。

ゲーム盤やカード、コマを使用して行う卓上ゲーム形式で、受講生一人ひとりに資本金が割り当てられ、会社を設立し 「経営者」 となります。製品の販売、材料仕入、宣伝広告、研究開発、人材採用等を自らの意思決定で行い、最終的にどれだけ利益を残し、純資産を増やすか?が勝負となります。経営戦略の立案と実行、決算(BS、PLの作成)、経営分析、次期の戦略立案というPDCAサイクルを繰り返し、リーダーに求められる分析力・判断力を養います。

「稼ぐだけではダメなんだ。お金の残る経営をしなくてはいけない。」 そんなことを、ゲーム感覚で、楽しみながら学べる研修がMG研修です。

社長と同じ目線、経営者と同じ目線で仕事の内容が見れる人材を育成することを目的とした研修になりますが、そのような視点を持った中核の人材が育ってくると、社長目線での打ち合せであったり、計画を作ったりということが可能になります。

実際に、ソフトバンクの孫社長はMG研修愛好者として知られており、自身でも100回期以上受講した上で、ソフトバンクアカデミアの後継者育成の講義の中で、「私の後継者になるには、MG研修で経営のコツを掴みなさい!」とおっしゃられています。

多くの企業は後継者不足に悩まされている

社内の人間関係

帝国データバンクによる2016年 後継者問題に関する企業の実態調査によると、国内企業の3分の2にあたる66.1%が後継者不在の悩みを抱えているそうです。また同時に労働人口が減少しており、人を採用することが非常に難しくなっています。そのような中で、会社のパフォーマンスを上げていくためには、今いる社員のスキルを1.5倍や2倍にアップする必要があります。

一方、とあるアンケートによると、「求められている人材は企業経営の経験がある人」というものがあります。会社全体の動きを把握して、意思決定を繰り返す経営者としての経験は、どこの会社でも求められる人材となります。また、企業経営の経験者は、同時に倒産経験がある人を多く含んでいます。倒産に至る過程は、多くの人が学べるものではないため、その経験が求められるということは良く理解できます。

MG研修では自社内の社員を、そんな倒産という人生のリスクを負わせることなく、経営体験をさせることが可能になります。孫社長も、「MG研修の中で思いっきり挑戦してみて、その結果沢山の赤字を出して、何度も倒産させて、そこから多くの気づきを得て欲しい。」 とおっしゃっています。

MG研修なら課題を解決できる

課題を解決しましょう

マネジメントゲームの中で起きる様々な動きや結果を、実務への置き換えをして頂いて、今後の自身の仕事に役立てて頂くことが研修の最大の目的です。もちろん、この研修は社長の右腕だけではなく、「どんな立場の人でも、その人なりの立場で経営感覚に気付くこと」ができます。

  • 後継者(社長の右腕)を育成したい。
  • 幹部に経営者感覚を身に付けさせたい。
  • 管理職のマネジメント能力を育成したい。
  • 社員のコスト意識の低さを解消したい。
  • 新入社員に利益の出る仕組みを学ばせたい。
  • 管理部門の財務経理の知識を向上させたい。

上記の課題の中で、どれかひとつでも当てはまるのであれば、ぜひこのマネジメントゲームMG研修の受講を考えてみてはいかがでしょうか。