ホームページの運用とは

WEBの運用

ホームページは鮮度が肝心

ホームページは作ったらそれで終わり、ということではありません。
日々更新作業をすることで、信用できるページ・企業だと認識されるのです。

また、ページが増えることでSEOやSEMの対策へと繋がる→アクセス数が増える→訪問客のリピーターやクチコミを巻き起こす→売上アップといった好循環にも繋がっていくのです。

こうした継続した運用が大切だということです。

サイト訪問者は以前と同じ情報、古い情報が見たいわけではありません。常に最新の情報を求めています。
極端な話、定期的に更新を行わないサイトは、すぐに忘れ去られてしまいます。

どうすればそんなに頻繁に更新することができるのか?と考える方もいると思います。
ホームページは情報開示の場だけではありません。
お客様との
コミュニケーションツールとして、新しい情報やメッセージを発信していく場という役割も果たしてくれます。

常に新鮮な情報をアップする=更新することが、信用へと繋がっていくのです。

専門的な知識はいらない

「ホームページを立ち上げる」というのは、「新しい店舗を新装開店する」ことに相当します。24時間営業の新店舗です。
実際の店舗で行なっている、「店舗戦略」や「営業戦略」を元に、ホームページをどう作っていくかを決めていけばいいのです。
そして、それができるのは、担当者やホームページ制作会社ではなく経営者であるあなただけなのです。
ホームページオーナーにとって運用する為に必要なスキルとは、今まさに現実世界でやられている営業戦略や、営業現場でいただくお客様の声を集約してホームページに載せていくことです。

そう考えれば、運用のやり方も見えてくるのではないでしょうか。
専門的な知識は必要ありません。
店舗経営者のプライドと情熱さえあれば、問題ありません。

そういった考えと、キーボードで文字入力さえできれば誰でも簡単に更新することのできるMAXPRESSを使用すれば、
”ホームページの更新なんて難しそう”
”めんどくさい”
そんな悩みは一気に解決できることでしょう。

おわかりいただけましたでしょうか。
少しでも興味を持たれましたら、質問だけでも構いません。
お問い合わせフォームからご連絡ください。
お待ちしております。